進化するオフィス家具に注目オフィス改装マル秘テクニック

オフィス

高さがポイント

笑顔の女性

周囲の動きや目を気にしないようにするためのスペースを作るには、新しく専用のスペースを準備しなくてもパーテーションがあればすぐに設置できます。パーテーションなら簡易的に間仕切りができるようになるので、個室感を出したいところに配置すればいいでしょう。また、パーテーションなら安価で購入できるので施工で新しくスペースを作るよりも安上がりです。また、オフィスレイアウトを変更したくなってもそれに合わせて動かせるところも使い勝手のいい魅力のひとつなのです。

間仕切りとして大きく役立つパーテーションは、設置する場所に必要なサイズを測定して選びます。その中でも一番チェックしておきたいのが高さになり、それに合わせた商品選びが必要でしょう。ちなみにパーテーションのサイズは大きく分けて3つ。一番低いものから順番にシーティングプライバシー、スタンディングプライバシー、ハイプライバシーの順に高さが変わります。これはスペースをどのように使用したいかで変わるので、先に設置場所と用途を見極めてから選んだ方がいいでしょう。

パーテーションのサイズはオフィス家具の専門店ごとで微妙に違うことが多いです。ですから、必ず高さと幅、素材を見てから選ぶことが大切でしょう。大は小を兼ねるという意味合いで不釣り合いなハイタイプを選んでしまうと、物理的に設置できないことや圧迫感ができてしまうことなどが想定されます。このあたりは、適度なバランスを考えて選べば失敗しません。